今さら聞けないホームページ【ドメイン篇】

  • 2014-2-23
  • 今さら聞けないホームページ【ドメイン篇】 はコメントを受け付けていません。

顧客からホームページの構築を依頼された時、いつも通りの段取りで進めることも一案ですが、たまには初心に戻ってゼロから考えてみません?

まず、ドメインを決めます。
会社であれば、hogehoge.co.jp。商品ブランドやお店、いくつかのサービスのひとつであれはhogehoge.jp。
他にも、運営用途に応じて.comや.tvなど多数のドメインが選択できます。
このドメインを取得・登録する会社をレジストラと読んだりしますが、私が最初に取得したのはnetworksolutions(ネットワークソリューションズ)でした。
世界で最初のレジストラですから、選択肢があまりないこともあり登録したのですが・・・なにしろ英語サイトです。スムーズに更新や設定変更ができないことに苦労しました。
その後、日本でもレジストラが何件かサービスを開始しました。最初に利用したのは「お名前.com」。その次が、ロリポップ系列の「ムームードメイン」。
最近では、特別な事情がない以外は「ムームードメイン」一本です。ロリポップのサーバーを運営する上で都合がいいということもあります。
このレジストラ選びですが、どこを利用しようがドメインは取得できます。決定的な違いは価格です。
2014年2月現在で.comの価格を比較してみると。

ネットワークソリューションズ・・・$34.99(約¥3,500)
お名前.com・・・・¥920
ムームードメイン・・・¥​9​5​0

ドメインは特別な事情でもない限り日本で取得するに限ります。
networksolutions(ネットワークソリューションズ)ですが、ドメインの更新をうっかりすると、この金額にさらに復活手数料とかが加算されます。
私は10年使っていたドメインを泣く泣く捨てました。移管しようにも、なにやら複雑で一度、翻訳しながら行ったのですが断念しました。

この記事の著者

cozy

デザイナー歴30年。専門学校で広告の講座を担当。主に、本社スタジオを拠点に通販サイトの企画運営や古物カフェを展開中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る